ハーブ植物蜜源植物

Thymus serpyllum

Lamiaceae - Thymus serpyllum-1
Lamiaceae – Thymus serpyllum-1 / Ettore Balocchi

Thymus serpyllum
クリーピングワイルドタイム
耐寒性宿根草、クリーピングとは這うとゆう意味で、絨毯のようにどんどん広がり美しい花を咲かせます、立ち上がりが少ないため、グランドカバーにもってこいの植物です、用途は幅広く、薬用から食用までさまざまな用途で利用されます。
生産国 米国
用途 観賞用
価格 約200粒 300円








クリーピングワイルドタイムの育て方
種まきは春または秋におこないます、種子が非常に細かいため、目の細かい用土に蒔き土はかぶせず霧吹き等で水を与え発芽させます。

日当たりが良く水はけが良い用土がてきしています、アルカリ性の用土が適していますので、石灰を施しておくと良いでしょう。肥料を施すと香りが悪くなる為、肥料は施しません、夏は半日蔭が理想ですので日よけを付けるか、半日蔭の場所に定植するのもいいでしょう。

宿根草の為、冬は地上部が枯れて冬を越します、梅雨~夏の蒸れに弱いため、梅雨時に大きく刈り込んで風通しを良くします、地下で伸びどんどんひろがりますので板などで境界を作ると良いでしょう。
*栽培方法の添付はありません。このページからご確認下さい。

Honeybee on thyme flowers
Honeybee on thyme flowers / oddharmonic