植物

Asparagus sprengeri

starr-080601-5283-Asparagus_densiflorus-Sprengeri_habit-Midway_House_Sand_Island-Midway_Atoll
starr-080601-5283-Asparagus_densiflorus-Sprengeri_habit-Midway_House_Sand_Island-Midway_Atoll / Starr Environmental

Asparagus sprengeri
アスパラガス・スプレンゲリー
アフリカ原産、耐寒性常緑多年草、鑑賞用アスパラガス、耐寒性が強い植物で暖かい地域では路地植えが可能です。寒冷地では鉢で冬季は室内の栽培が望ましいです、白い花が咲き、赤い実が付きます、たくさんの小枝を出し多方向に広がりますので吊り鉢での生育に向いています。乾燥に非常に強く、耐陰性もあるため、室内での栽培も可能ですが、適度に太陽に当てるようにして下さい、ハイドロカルチャーでの栽培も可能です、水は霧吹きで与える程度でも育ちます、柔らかい雰囲気で非常に観葉植物として適しています、種子は24時間水に浸してから、用土に蒔き、2週間~ぐらいから発芽が始まります。
用途 観賞用
価格 20粒 400円








アスパラガスの栽培方法
種の撒き時は、18℃以上であればいつでも蒔けます。

腐植質で水はけのよい用土(例:赤玉土小粒7、腐葉土2、軽石小粒1の配合土など)が適しています。ハイドロカルチャーでの栽培もできます。
種子は24時間水に浸してから用土に蒔き、2週間~ぐらいから発芽が始まります。

直射日光を避け、明るい日陰や日光が当たる場所を好みます。冬は室内に置き(5℃以上の部屋)、できるだけ日光に当たりたいです。

水は、土の表面が乾いたらたっぷりあげてください。
冬は控えめにしてください。
真夏の暑いときは、葉水が喜びます。

根が詰まってきましたら、4月~6月に植え替えするとよいでしょう。
*栽培方法の添付はありません。このページからご確認下さい。