植物樹木薬草観葉植物

Moringa oleifera

starr-090905-4952-Moringa_oleifera-leaves_from_Maui_Mall_farmers_market-Olinda-Maui
starr-090905-4952-Moringa_oleifera-leaves_from_Maui_Mall_farmers_market-Olinda-Maui / Starr Environmental

Moringa oleifera
モリンガ・オレイフェラ
西洋わさびの木
マルンガイ
地球上で最も栄養価の高い植物!!!種をまいてからわずか1年で、数メートルにも達し、また、干ばつ地に強いのが特徴です。アーユルヴェーダで広く利用され、種、幹、枝、葉、花、根、すべての部分が利用でき、、特に人の体によいとされる栄養素が100種類近くある事から、「ミラクルツリー(奇跡の木)」と呼ばれます。また、一般の植物に比べて、20倍以上の二酸化炭素Co2を吸収しますので、地球温暖化にもとても役立ちます。
生産国 タイ
用途:観賞用・料理
価格 10粒 400円
発芽率:80パーセント以上確認
種子への消毒はおこなっておりません 
モリンガの育て方

モリンガは水はけのよい、中性の土を好みます。園芸用(プランター培養土等)のものでもよく育ちます。赤玉5・腐葉土3・川砂2を配合した土もおすすめです。日当たりの良い場所に置いて、鉢の表面が乾いたら鉢底から水がもれてくるまでたっぷり水を与えます。暖かい時期だと、1週間で発芽しますが、春は室内で発芽してから、外に出した方がよいです。基本的に肥料はほとんど不要ですが、葉が黄色くなってたくさん枯れる場合は、チッソ関係の肥料を与えてみてください。水と日光、温度さえあれば、どんどん成長していきます。10~20cmほどに成長したら、水やりを控えめにすると根張りが良くなり丈夫に育ちます。乾燥に異常なほど強く、周囲の植物が枯れたとしても球根に水を蓄えておけるので、簡単には枯れません。半年で1m以上にもなるので、ある程度の高さになったら上部の芽を切ってください。切っても切ってもどんどん成長しますので、遠慮無く剪定できます。上部の新芽を摘んでいくと、横に広がり、茎も太くなっていきます。 成長株も外気温10℃を切る時期には室内の暖かく日当たりの好い場所で育成します。 冬には、葉はなくなりますが、木自体は、生きており、春にまた、成長をはじめます。大きくなるまでは、根をあまり広げないため、数個の種子を同じ鉢に一度に蒔くと早い時期から多収穫が可能です
*栽培方法の添付はありません。このページからご確認下さい。