アロマスパイスハーブ植物薬草

Anthemis nobilis

del jardín botánico de Gijón
del jardín botánico de Gijón / M. Martin Vicente

Anthemis nobilis
ローマンカモミール
ジャーマンカモミールと違い多年草で、花がやや大きいのが特徴で、葉にも香りがあります。甘酸っぱいリンゴのような良い香りのするハーブで香りの芝生として利用されます。薬草としての性質も良く似ておりますが、入浴などの用途には香りのあるローマンの方が向いているようですね。ハーブティーはやや苦みがあり、ジャーマンの方が利用されますが、リラックス効果のある成分はジャーマンより多いようです、種まきの時期は春または秋で、細かい用土に蒔き、1週間程度で発芽します。種子が小さな種、覆土せず、霧吹きなどで発芽すると良いでしょう。
生産国 米国
用途:観賞用・料理
価格 約300粒 300円
発芽率:60パーセント以上確認
種子への消毒はおこなっておりません 






カモミールの育て方
種まきは、春または秋に行います、細かな種の為、用土に蒔いて土を被せず、霧吹きなどで水を与え発芽させます。

水はけが良く若干湿度の高い用土がてきしています、アルカリ性の用土が適していますので、石灰を施しておくと良いでしょう、また湿度を上げるために腐葉土を混ぜておきます。

肥料は元肥だけにして栽培します、あまり与えすぎると香りが悪くなるので注意してください。こぼれ種で毎年生えてくるようになります。

日当たりの良い場所を好みますが、蒸れには注意が必要です。
*栽培方法の添付はありません。このページからご確認下さい。