アロエ多肉植物植物観葉植物

Aloe parvibracteata

Aloe parvibracteata
アロエ・パルビブラテアタ
長者錦
無茎または短茎で10~20羽の狭い葉が密集した平たいロゼットを形成します。
緑色から茶色がかった緑色の葉の色で上側に多数の細長い白い斑点、葉の縁に茶色のトゲができる特徴があります。
花序は4~8本の枝からなり1~2mの長さに達し朱色や曇りのある赤色の花を咲かせます。
生息地は南アフリカの牧草地など標高100~1500mの森林に広がっています。
日本での栽培は寒さにあてないようにするのが良いと思われます。
用途 観賞用
価格 10粒 500円






アロエの栽培方法
発芽は暖かい時期におこない、光好性の種子ですので土をかぶせず、霧吹きなどで発芽させます、明るい場所で発芽させて下さい。

水はけの良い用土が良いでしょう、一年を通して日当たりの良い場所で育てると良いでしょう、ある程度の耐寒性はありますが、幼苗の時は室内での栽培が良いでしょう。

成長すると数ヶ月の乾燥にも耐えます、用土が乾いたら水を与えるようにします、冬はあまり水を与えない方が耐寒性が強くなります。
*栽培方法の添付はありません。このページからご確認下さい。