sunrainsoil
世界の珍しい植物の種の販売
コモンセージ 種

sage plant

© itestro – Fotolia.com

コモンセージ 種 100粒 260円 

和名 ヤクヨウサルビア 耐寒性多年草 夏には紫色の美しい花を咲かせ、どんどん成長します。さまざまな効能があるとされ、万病に効く薬草として利用されました薬用だけでなく料理用としても利用され、臭みを消して風味を引き立てるために使われます入浴剤や石鹸などにも利用されます 種まき時期は3~5月、9~10月です。種子は冷蔵庫に1~2週間入れてから播くと発芽しやすくなります。

発芽適温:18℃~25℃
耐寒温度:-10℃以上
種子のサイズ:中
蒔き方:水はけの良い用土に蒔き、乾いたら水を与える。
用土:ハーブの土や水はけの良い用土 
発芽までの期間:10日~
発芽難易度:普通
栽培難易度:簡単
用途:観賞用・料理・ハーブティー
発芽率:70パーセント以上確認

*種子への消毒はおこなっておりません *植物の種類:多年草

コモンセージの育て方

種の撒き時は、春(3~5月)、秋(9~10月)

地中海沿岸地方(夏でも比較的涼しく冬は温暖な気候)に自生するコモンセージは、高温多湿が苦手です。


用土は、水はけの良い小粒の赤玉土を中心に、腐葉土・堆肥・もみ殻くん炭を混ぜ込んだ土が最適です。


日当たりの良い、通気性のある場所がよいでしょう。
真夏は直射日光を避け、半日陰で涼しい場所がよいです。


気をつけたいのが、梅雨時期のじめじめと、夏の高温です。蒸れ対策として、梅雨前には混み合った部分の枝を切り落として株の中まで十分に日射しと風が通るようにしましょう。

十分に日に当ててあげると、生育と花付きがよくなります。
冬の対策として、霜に当てないように気を付けます。露地植えは株元に腐葉土を敷くなど防寒します。

水は、土の表面が乾いたら充分に与えます。
生育の活発な夏は水切れに注意してください。
生育の緩やかな冬は、水やりの回数を減らして乾かし気味にします。常に湿っているような状態だと根が傷んで株がダメになってしまいます、気を付けましょう。

肥料はチッソ分の多い肥料が適しています。
春の生長期には肥料を与えてください。
鉢植えは1~2年に1回を目安にして一回り大きな鉢に植え替えます。

 

Tags: コモンセージ, サルビア, ハーブ, ヤクヨウサルビア, 植物