sunrainsoil
世界の珍しい植物の種の販売
ミキナシサバルヤシ 種

Sabal minorSabal minor / scott.zona

images_logo_lg2012

ミキナシサバルヤシ 種 20粒 410円 

Sabal minor /クマデヤシ

アメリカ原産 ヤシの中で最強の耐寒性を持つヤシ、全ての椰子品種の中で耐寒性はTOP3に入る程高く、マイナス10℃までの寒さに耐えれます、名前の通り幹はあまり立ち上がりません。ある程度成長するまでは冬は室内や軒下等で栽培してください。


発芽適温:25℃~35℃
耐寒温度:-10℃以上
種子のサイズ:中
用土:水はけの良い用土
発芽までの期間:14日~120日
発芽難易度:やや難しい
栽培難易度:普通
用途:観賞用
植物の種類:常緑広葉ヤシ類

*種子への消毒はおこなっておりません 

椰子の栽培方法

種子をよく洗い、48時間以上水に浸してから蒔いて下さい。毎日水は新しくします、発芽適温は25℃~35℃ 寒い時期は暖かい場所で発芽させます、発芽まで、2週間~数か月かかる場合もあります。

用土に蒔き、土を被せず、湿度を上げるためラップをし霧吹きで発芽させる方法や、ジップロックの中にパーム用土を入れて種子を入れ暖かい場所に置くパーム蒔きで発芽させるのも効果的です、パーム蒔きであれば春を待たず室内の暖かい場所で発芽が可能です。種子に2cm程土をかぶせ、発芽を待つ通常の発芽方法でも、発芽は可能です。

用土は赤玉土:8 腐葉土:2 ぐらいの水はけの良い用土がいいです、4月~10月の成長期は乾いたらたっぷり水を与えます。

一年目の冬は耐寒性のある椰子でも室内や温室での栽培が無難です、成長するごとに耐寒性が付いていきます。また椰子の中には直射日光を嫌う品種もあるため、半日蔭で栽培します。成長後、耐寒性のある椰子は外での栽培も可能ですが、耐寒性のない品種は明るい室内に取り込みます。冬はあまり水を吸わないため、極端に水を少なくして管理しましょう。

*上記栽培方法は椰子全品種共通の栽培方法を添付しております。品種により栽培方法が若干異なる部分もありますので参考程度にお考えください。

Tags: 椰子,種子,販売,ヤシ