sunrainsoil
世界の珍しい植物の種の販売
インドボダイジュ 印度菩提樹 種

 インドボダイジュ

 

印度菩提樹の種  種 約200粒  410円 

 熱帯地方では、20メートル以上にもなる、常緑高木。仏陀が。ブッダガヤのこの木下で、悟りを開いた事から、とても聖なる木とされております。成長した、インドボダイジュは非常に高い金額で取引されますが、簡単に栽培可能で、成長も早いです。仏教寺院などは、似た植物を代用して植えていますが、このインドボダイジュが仏教聖樹の「菩提樹」です。 元々日本には、ボダイジュと呼ばれる植物があり、どうも逆転してしまったようですね~インドでは、結婚式の後に、この木を植えます。耐寒性は、0℃までですが、この気候の変化で、日本でも、露地植え可能な場合もあるようです。通常、冬は室内等で管理します。 種は、非常に小さく、種をまく時にはピートモスなどの上にそっと乗せ、1週間~3週間程度で発芽いたします。ラップ等をし、発芽まで湿度を保って下さい。

インドボダイジュの栽培方法 

発芽気温が高いため、暖かい時期に行います、種子が非常に小さい為、目の細かい用土に蒔き、土はかぶせず霧吹き等で水を与え発芽させます。用土を乾かさないようラップ等をするとよいでしょう、カビないように注意します。2週間程度で発芽が始まります、ある程度大きくなったら定植しましょう。

水はけが良い用土に定植し、日当たりの良い場所が良いでしょう。熱帯植物ですが、比較的耐寒性が高く、耐寒性が年々ついていきます、成長した苗は外での栽培が可能になる場合もありますが、幼苗は耐寒性が弱いため、一年目の冬は室内で管理してください。

Tags: 植物, 種,菩提樹,ボダイジュ,インド,販売