sunrainsoil
世界の珍しい植物の種の販売
アスクレピアス・チューベローサ 種

Butterfly Weed or Orange Milkweed (Asclepias tuberosa) in NC

© AardLumens – Fotolia.com

images_logo_lg2012

アスクレピアス・チューベローサ  種 50粒 380円 

Asclepias tuberosa/Pleurisy Root/Orange Milkweed

オレンジ色の珍しいトウワタ、蝶や蜂を引き寄せる、非常に良い香りの植物 耐寒性のある、多年草で、花はインパクトがあり 斬新な切花アレンジに最適です。 トウワタ属は、蜜源としても重宝されます。 春または秋に植え、花期は6月~9月 耐寒性あり、育てやすい品種です。 春~秋に蒔きますが、夏、秋に蒔く場合は 1ヶ月程度冷蔵庫に入れてから蒔いて下さい。

発芽適温:18℃~25℃
耐寒温度:-15℃以上
種子のサイズ:中
蒔き方:種子が隠れる程度に覆土
用土:ハーブの土や良く肥えた、水はけの良い用土
発芽までの期間:7日~
発芽難易度:簡単
栽培難易度:簡単
用途:観賞用・蜜源
発芽率:60パーセント以上確認

植物の種類:耐寒性宿根草

*種子への消毒はおこなっておりません 

アスクレピアスの育て方

耐寒性のある品種は春~秋 いつでも種を蒔きますが、耐寒性のない品種は春蒔きの一年草となります。種子を蒔き用土は5mm程度かぶせます、根が育ってきたら植え付けを行い定植します。

用土は水はけの良い用土を好みます、用土が乾いたらたっぷり水を与え、日当たりの良い場所で育てましょう。

耐寒性のない品種は5℃以下になると枯れてしまいます、室内で栽培も可能ですが、翌年種子を蒔いた方が良いでしょう。耐寒性のある品種は冬は落葉して冬を越します、2~3年に一度株を更新すると良いでしょう。