sunrainsoil
世界の珍しい植物の種の販売
相思樹 種
Categories: アカシア, 植物, 樹木

starr-090526-8612-plant-Acacia_confusa-numerous_flowers-Kahakuloa_West_Mauistarr-090526-8612-plant-Acacia_confusa-numerous_flowers-Kahakuloa_West_Maui / Starr Environmental

images_logo_lg2012

相思樹 種 15粒 310円

ソウシジュ/Acacia confusa/Taiwan acacia

台湾~フィリピン原産の常緑広葉樹で、台風耐性があり、沖縄県の街路樹に導入された植物です.暴風耐性があるため、家や畑を強風から守ることが出来ます、涼やかな柳のような葉が特徴で大きくなる為、シンボルツリーや街路樹に最適な植物です。耐寒性は日本の東京より南の太平洋側の沿岸では栽培が可能です、また、このアカシアは葉や皮にアルカイドを含むため、ペット等が食べないようご注意下さい。他アカシア同様、沸騰水に入れて、そのまま24時間水に 浸した後、蒔くことで、発芽率が高くなります。

発芽適温:15℃~25℃
耐寒温度:-5℃以上
種子のサイズ:中
用土:水はけの良い用土 
発芽までの期間:10日~
発芽難易度:簡単
栽培難易度:簡単
用途:観賞用
原産国:オーストラリア
植物の種類:常緑性樹木

*種子への消毒はおこなっておりません 

アカシアの栽培方法

用土は特に選びませんが、水はけが適度に良い用土を選びましょう。日当たりの良い場所を好みます。

発芽は15℃以上の気温であればいつでも蒔けます種子は固いため、容器に入れて沸騰したお湯を注ぎそのまま冷ましながら一日置きます。

5mm程覆土し、乾いたら水を与えるようにします、種子が小さな品種は細かい用土を利用しましょう。約1週間~3週間程度で発芽します、10cm以上になったら移植が可能です。

1年目の冬は耐寒性の高い品種であっても室内での栽培が無難です、水を極力控えめにし 翌年から徐々に外の寒さに慣らしていきます、耐寒性のないアカシアは最低耐寒温度に注意して毎年室内か温室や軒下に取り込みましょう。

*上記栽培方法はアカシア全品種共通の栽培方法を添付しております。品種により栽培方法が若干異なる部分もありますので参考程度にお考えください。